CATEGORY アーカイブ

田植え

人力のみで田植えしました。 田んぼの中に裸足で入り、泥の中に足を取られつつ、手で稲の苗を二つほど掴み 泥の中に入れて行く。腰も痛くなりますが、次の日の体の裏側の痛さといったら なかなか感じない筋肉痛で面白いです。 一粒か…

ポンプ

ポンプが到着しました。 かなり重いです。これを分解して、ソリに乗せて、谷底へと運ぶ一大プロジェクトです。 ソリを作っているところです。 丁寧に揃えています。 ポンプをバラバラにします。 続く

開墾中

ユンボでまずは天地返して、その後をトラクターで地ならししていきます。一回目は浅く耕し、2回目は深く掘って行くとなだらかになりますね。 ここは梅の木を植える予定です。でかいDASH村みたいです。村民募集しています。まずは大…

トイレ大掃除1

離れにあるトイレを、棘だらけのツタが覆っていました。 全体を覆われているので、トイレの中は暗くなっていました。 意を決して大掃除の始まりです。 こんな様子です。 周囲の雑木とツタをノコギリとハサミで切っていきます。 4時…

開墾中

素晴らしいスピードで進捗中 ユンボは、やはりすごい! 苗木も可愛いです。

人物寸評② 稲嶺一郎氏(昭和45年7月30日) | 泡盛新聞

“鯨は日本海や東支那海のようなちっぽけな内海では泳がず太平洋で遊水するものだ”これはは或る政治家が稲嶺一郎氏を評した言葉である。又或るジャーナリストは氏を評して“いぶし銀のような底光りのする男”と語っていたが、両者共ずば…